原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピングです!
先日末、あるクリニックの先生のセミナーに参加させて頂いた際に、アレルギー疾患のうち、慢性蕁麻疹(じんましん)に悩まれる方が非常に多いという話を伺いました。

慢性蕁麻疹とは、数ヶ月以上継続的に蕁麻疹が治らない場合を示します。

慢性蕁麻疹(じんましん)は原因不明のことも多い

ご存知の通り、アレルギーは有害物質や外敵から守るために免疫力が過剰に反応してしまい、何も異常のない細胞へ攻撃をしてしまう自己免疫に関する疾患であります。

いわば、免疫細胞が本来の機能を逸脱してコントロール不能に陥った状況です。

体の防御の要である免疫力を高めることが大切であることは間違えないことではありますが、強すぎても弱すぎても良くないところが、免疫バランスの難しいところであるといえます。

アレルギー体質の方は、自分の体に対する抗体を間違って作ってしまいやすく慢性化してしまうことが多いとのこと。

しかも、慢性蕁麻疹(じんましん)は、免疫力低下による疲労、ストレス、ウイルス感染、薬など理由も多岐に渡り、原因不明であることも少なからずあるようです。

また、食物が小麦などが原因で突然呼吸困難になる、いわゆる「アナフィラキシーショック」など症状を引き起こす人もいます。

疲労や大きなストレスが蕁麻疹の根本原因か?

そういう私も10年以上前に急性蕁麻疹に襲われ治療を受けたことあります。

病院を受診し、お薬をもらい幸い数日してよくなったのですが、自分の経験上やはり、度重なる疲労や大きなストレスを抱えたりしたことが発症の原因だったと考えています。

一般的には、皮膚科などを受診し、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を内服する治療だと思いますが、以外に再発性も高いのが悩ましいとのこと。

そんなやっかいな蕁麻疹を克服する方法ですが、やはり月並みですが食生活を見直したり、継続的に運動をしたりして体を鍛え、自己免疫反応をバランスよくコントロールすることが大切だとのこと。

回り道のようですが、体の内側からケアしてあげることが一番なのだと思いました。

腸ゲンキの秘訣は特別な乳酸菌のチカラ
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする