「 乳酸菌 腸 」一覧

スポンサーリンク
糖質制限にもピッタリ!食物繊維も豊富なおススメ「ナッツ類」7つ♪

糖質制限にもピッタリ!食物繊維も豊富なおススメ「ナッツ類」7つ♪

ナッツは、高カロリーのイメージがありますが、食物繊維が豊富で便秘解消にも役立ちます。その他、良質の脂肪やカリウム、ミネラル、ビタミンなどを含んでおり、非常に栄養価の高い食品です。体の老化や酸化防止にも効果があり、糖質制限にもぴったりなおススメ「ナッツ類」7つをご紹介します。

あの「ロキソニン」に重大な副作用?小腸・大腸の潰瘍など気になるニュース!!

あの「ロキソニン」に重大な副作用?小腸・大腸の潰瘍など気になるニュース!!

頭痛や生理痛の薬で有名な「ロキソニン」について医薬品医療機器総合機構(PMDA)は使用上の注意について、厚生労働省が「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出したと発表。ロキソニンは、痛み止めとしては優秀な薬ですが、副作用の多いお薬だとか!

「脳」は「腸」から出来た!?生命のスタートは腸にあり!!

「脳」は「腸」から出来た!?生命のスタートは腸にあり!!

生物は、脳でも心臓でもでもなく最初にまず腸が作られます。 次に口や肛門など栄養を吸収・消化・排出する器官が作られ、最後に脳ができるわけです。 進化の過程で腸内にいたニューロンなど神経細胞が脊椎動物の神経系となりさらに万物の霊長である私達人間の大脳皮質の発達した脳になったわけです。

「乳酸菌が生きて腸に届く意味はない」は本当か?

「乳酸菌が生きて腸に届く意味はない」は本当か?

「乳酸菌が生きて腸に届く」は商品を売るためのキャッチコピーです。 市販のヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれる乳酸菌の多くは、流通過程で死んでしまいますし、残ったものも胃液などでほぼ死滅します。乳酸菌は生きてるか死んでいるかどうかは関係なく、乳酸菌の菌体そのものが有用成分なのです。

腸内細菌はいつから棲みつく?赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るの?

腸内細菌はいつから棲みつく?赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るの?

赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るのでしょうか?お腹の中の赤ちゃんには腸内細菌は存在しません。産道を通る過程や母乳を通じ腸内細菌が増えます。乳児期には、腸内細菌の95%以上が乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌で占められます。赤ちゃんの腸内細菌は母親からの大事なプレゼントです。

腸の悪化が原因となって起こる注意すべき5つの重大な疾患とは?

腸の悪化が原因となって起こる注意すべき5つの重大な疾患とは?

腸の悪化が原因となる5つの重大疾患は、下痢,潰瘍性大腸炎,アレルギー性疾患,大腸がん,食物アレルギーです。大腸がんは日本の女性のがん死亡の1位です。一番の原因は食生活、特に食物繊維不足による便秘です。便が長い時間腸内に留まることは腸内環境の悪化をもたらします。

腸内細菌の代表!?善玉菌と悪玉菌ってどんなもの?

腸内細菌の代表!?善玉菌と悪玉菌ってどんなもの?

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の腸内細菌が住んでいます。 乳酸菌など善玉菌の役割は免疫力の向上、消化吸収、ビタミン合成、腸の動きの活性です。一方、ウェルシュ菌、大腸菌など悪玉菌は腸内腐敗、有害物質の生成、抵抗力低下、がんや生活習慣病、下痢や便秘、口臭の原因になります。

とっても深い免疫とアンチエイジングと腸内細菌の関係!

とっても深い免疫とアンチエイジングと腸内細菌の関係!

腸の健康にとって最も重要なのが食生活です。それは食事によって腸内細菌のバランスが決まるからです。人の腸の中には乳酸菌を代表とする善玉菌と有害菌である悪玉菌などの沢山の腸内細菌が住んでいますが、健康な人の腸内環境は善玉菌と悪玉菌それぞれがバランス良く保たれています。

小腸と大腸の役割の違いと理想のうんちについて

小腸と大腸の役割の違いと理想のうんちについて

腸は栄養分を吸収する小腸、水分を吸収する大腸に分かれます。便秘になると腸内での腐敗が酷くなります。 理想的な便は色がこげ茶色でバナナのような形と硬さです。ただ、最近便秘で悩む女性や子供が増えているのが心配です。何故なら便秘は大腸がんや様々な病気の原因になるからです。

お腹へも身体へ優しい「ホットヨーグルト」で健康ダイエット

お腹へも身体へ優しい「ホットヨーグルト」で健康ダイエット

乳酸菌が腸内環境を整えたり、免疫力を高めたりする効果があるように、ホットヨーグルトはダイエットにも優れた効果があります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が便秘解消はもちろん、善玉菌を増やし悪玉菌を抑えることでの腸内免疫のアップ、美肌やアレルギーケアなどにも役立ちます。

1 2 3