「 乳酸菌ブログ 」一覧

スポンサーリンク
ダイエットにも効果的!腸の健康に役立つ短鎖脂肪酸を増やそう!

ダイエットにも効果的!腸の健康に役立つ短鎖脂肪酸を増やそう!

脂質は3大栄養素の一つですが中でも短鎖脂肪酸はダイエット効果が期待されています。 短鎖脂肪酸は食物繊維を栄養にして腸内細菌が作りだす「酢酸・プロピオン酸・酪酸」からなります。短鎖脂肪酸には、脂肪細胞の肥大化を防ぐ効果があります。また、腸内を酸性に保ち腸の健康に役立ちます。

慢性的なマグネシウムの摂取不足は生活習慣病のリスクを高める!

慢性的なマグネシウムの摂取不足は生活習慣病のリスクを高める!

マグネシウムは体のミネラルバランスを調整する働きがあります。 筋肉の収縮や神経、体温・血圧の調整にも使われています。 マグネシウム不足は、不整脈、抑うつ状態、神経過敏などの他、心疾患、動脈硬化、骨粗鬆症、糖尿病、高血圧など生活習慣病のリスクを高める可能性が指摘されています。

ポッコリお腹に注意!あなたの肥満は内臓脂肪型?皮下脂肪型?

ポッコリお腹に注意!あなたの肥満は内臓脂肪型?皮下脂肪型?

ポッコリお腹は肥満の表れです。 肥満にも内臓脂肪型と皮下脂肪型との違いがあります。 もし、内臓脂肪型肥満であれば生活習慣病を合併する危険性が非常に高くなります。肥満はがんとも関係が深いとされており、肥満予防の上でも運動や食事による減量やダイエットが必要です。

食事や運動以外にも簡単にできる便秘解消のおススメ5つの方法!

食事や運動以外にも簡単にできる便秘解消のおススメ5つの方法!

便秘は腸内環境を悪化させ、あらゆる病気の根源です。食事や運動以外にも簡単にできる便秘解消のおススメの方法は「朝起きてすぐにコップ1杯のお水を飲む・睡眠時間をしっかり取る・出来だけ便意を我慢しない・便を出しやすい姿勢を取る・生活のリズムを整えリラックスをする」などです。

心筋梗塞や脳梗塞など生命に関わるリスクも高まる動脈硬化とは!

心筋梗塞や脳梗塞など生命に関わるリスクも高まる動脈硬化とは!

動脈硬化は酸化したLDLコレステロールが動脈内に溜まり血管内が細くなることです。動脈硬化は、肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症、ストレスなど多くの要因が関係しています。全身の動脈で起こる可能性あり、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞など生命に関わるリスクがあります。

貧血は食事での鉄不足が原因!腸を整え鉄の吸収を高める貧血対策

貧血は食事での鉄不足が原因!腸を整え鉄の吸収を高める貧血対策

貧血は、血液中の赤血球の減少や赤血球中のヘモグロビンの量が少なくなり、体内に酸素を十分に供給できなくなった状態です。貧血の一番の原因は毎日の食生活での鉄不足です。従い、鉄や鉄の吸収を促進する成分を含む食品を取る必要があるため、規則正しい食事を心掛ける対策が必要です。

糖質の取り過ぎは腸内環境悪化の原因!?血糖値と腸内環境の関係

糖質の取り過ぎは腸内環境悪化の原因!?血糖値と腸内環境の関係

糖質の取り過ぎは腸内環境悪化の原因と関係があります。糖質の過剰摂取は血糖値を急上昇させ、インスリンの大量分泌につながります。すると脂肪細胞が増えて肥満の原因にもなります。さらに糖質の過剰摂取は高血糖を招き、腸内環境が乱れ善玉菌が減少し、悪玉菌が増加に傾きます。

おならが臭い原因は腸内に悪玉菌が増えてガスが溜まっている証拠

おならが臭い原因は腸内に悪玉菌が増えてガスが溜まっている証拠

おならが臭い原因は腸内に悪玉菌が増えてガスが溜まっている証拠です。 食生活の乱れ、ストレスや運動不足、睡眠不足も影響すると言われています。一番の原因は食べ物の内容です。 おならが臭くて気になる人は腸内細菌のバランスが崩れて、腸内環境が悪化している可能性があります。

自己免疫疾患「関節リウマチ」は関節に激痛を伴う原因不明の難病

自己免疫疾患「関節リウマチ」は関節に激痛を伴う原因不明の難病

自己免疫疾患「関節リウマチ」は、本来無害な自己組織に免疫が異常反応することで起こりますが、原因不明の難病です。症状は手や足の指の付け根や関節の炎症に始まり、骨や軟骨が破壊され激痛を伴います。予防対策は、免疫機能が正しく維持されるよう日々の健康を保つようにすることしかありません。

1 2 3 4 5 21