「 アレルギー 」一覧

スポンサーリンク
花粉症は免疫の過剰反応!おすすめの花粉症対策や食べ物について

花粉症は免疫の過剰反応!おすすめの花粉症対策や食べ物について

花粉症などのアレルギー症状は免疫の過剰反応が原因です!おすすめの花粉症対策や予防法は「量を少なくする」「持ち込まない」「症状を少なくする」こと。また、カテキンやビタミン、ポリフェノールが多く含まれる緑茶や甜茶や腸内環境を整える発酵食品や乳酸菌が花粉症対策におすすめの食べ物です。

ペット用のヘルスケアにも乳酸菌が注目されている理由は?

ペット用のヘルスケアにも乳酸菌が注目されている理由は?

愛する家族の一員であるワンちゃんやネコちゃんなどペット用ヘルスケアにも乳酸菌や乳酸菌サプリメントが注目されています。乳酸菌はペットの腸内環境に働きかけ、便秘や便臭を改善するだけでなく、免疫力を高めます。また、口内トラブルや歯周病などにも有効です。

引越し先での体調不良は化学物質によるシックハウス症候群が原因か?

引越し先での体調不良は化学物質によるシックハウス症候群が原因か?

引っ越し直後、体調に異変が?もしかしたらシックハウス症候群かもしれません。室内の空気汚染が原因と見られる健康障害をシックハウス症候群と言います。住宅の高気密化や建材や内装材、家具への化学物質の使用が原因で体調不良など健康被害を訴えるケースが多く見られます。

体を細菌やウイルスから守る自然免疫と獲得免疫について違いを知ろう!

体を細菌やウイルスから守る自然免疫と獲得免疫について違いを知ろう!

体に侵入してくる細菌やウイルスを防いだり、体内で発生したがん細胞を排除する自己防衛機能のことを免疫と言います。免疫細胞の中心は「白血球」で、血液やリンパ液に乗って全身を循環し、病原体から体を守ってくれます。 これら免疫反応は「自然免疫」と「獲得免疫」の2つが存在します。

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時のサインといえば「風邪を引きやすい」「喉がすぐに腫れる」「結膜炎やものもらいがよくできる」「肌荒れ、二キビや吹き出ものが多い」「お腹が弱い」「疲れがとれない」の6つです。原因の一つに腸内環境の乱れで免疫力が弱まることが指摘されています。

免疫が過剰に反応するアレルギー対策には腸内環境の改善が必要!

免疫が過剰に反応するアレルギー対策には腸内環境の改善が必要!

アトピー性皮膚炎などの免疫が過剰に反応するアレルギー症状には、食生活、腸内環境、生活環境、化学物質、環境汚染、電磁波、ストレスなど多くの原因があります。ただ、アレルギー疾患で悩む人は、腸内環境に問題があることが専門家の研究から明らかです。従って、腸内環境の改善が必要になります。

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

慢性蕁麻疹(じんましん)は、アレルギー疾患の一種です。アレルギー反応は本来無害な物質に免疫力が過剰に反応してしまう自己免疫疾患で、免疫細胞がコントロール不能に陥った状況です。慢性蕁麻疹は、原因不明な場合も多く、疲労、ストレス、ウイルス、薬など様々な理由が考えられます。

今や国民全体のアレルギー病!?花粉症の対策や予防をしよう!

今や国民全体のアレルギー病!?花粉症の対策や予防をしよう!

国民全体のアレルギー病とも言える花粉症。 花粉症予防のポイントは「花粉を少なくする」「花粉の侵入を少なくする」「花粉症の症状を抑える」具体的な対策は、外出時にマスクをする、帰宅時に手洗いうがい洗顔をする、屋内では小まめな掃除など。体の抵抗力である免疫力を高めることも大切。

腸の悪化が原因となって起こる注意すべき5つの重大な疾患とは?

腸の悪化が原因となって起こる注意すべき5つの重大な疾患とは?

腸の悪化が原因となる5つの重大疾患は、下痢,潰瘍性大腸炎,アレルギー性疾患,大腸がん,食物アレルギーです。大腸がんは日本の女性のがん死亡の1位です。一番の原因は食生活、特に食物繊維不足による便秘です。便が長い時間腸内に留まることは腸内環境の悪化をもたらします。