「 腸内細菌 話題 」一覧

スポンサーリンク
糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪い!

糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪い!

国内でも約2,100万人が糖尿病か糖尿病予備群と言われています。糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪く、糖尿病の人の腸内は善玉菌が少ない特徴があります。腸内細菌が糖尿病に影響を与えるという専門機関からの報告が注目されています。

カンジダ菌の症状って?感染経路とその原因について

カンジダ菌の症状って?感染経路とその原因について

カンジダ菌は真菌(カビ)の一種で、元来は人の口内や皮膚、腸内および女性の膣内に普通に生息する常在菌です。従って、カンジダ菌による症状は膣カンジタなど女性に限ったものではありません。最近の研究で、カンジタ菌は様々な疾患に関係していることが分かってききました。

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすいと言われています。脳内で分泌される神経伝達物質「セロトニン」や「ドーパミン」などのホルモンは腸で作られています。但し、腸の機能が低下すると脳に必要な栄養素が不足してしまうため認知症を招きやすくなると考えられるわけです。

ダイエットに失敗するのは腸内細菌が原因だった!?

ダイエットに失敗するのは腸内細菌が原因だった!?

ダイエットに必ず失敗してしまう人っていらっしゃいますよね。 実は、ダイエットに腸内細菌が大きく関係していることが発表され話題になりました。肥満の人には、ファーミキューテス類いわゆる「デブ菌」が多く、バクテロイデーテス類いわゆる「ヤセ菌」が少ない・・

腸は脳よりも賢い!腸が第2の脳と呼ばれる脳腸相関の理由とは

腸は脳よりも賢い!腸が第2の脳と呼ばれる脳腸相関の理由とは

腸は脳よりも賢い!?腸は第2の脳と呼ばれています。その理由は、腸と脳はホルモンなどの神経伝達物質を送り合っています。脳から分泌されるホルモンによって腸の働きが変化しますし、逆に腸内環境が悪いと脳が不快感やストレスを感じるわけです。その密接な関係を「脳腸相関」と呼んでいます。

唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

腸内環境と口内環境は共通点があります。どちらも多くの細菌が住み、体を守る免疫力に深く関係しています。 口の中の唾液には、侵入した有害物質やウィルスを食い止める免疫機能が備わっている他、消化機能、抗菌力、汚れを落とす自浄力、口の粘膜を乾燥から保護するなど大切な機能が存在します。

腸内フローラにいる腸内細菌は、便と一緒にいつか無くなってしまうの?

腸内フローラにいる腸内細菌は、便と一緒にいつか無くなってしまうの?

便の約10%は腸内細菌の死骸が含ます。但し、毎日の排便で排出されるだけでなく腸内細菌は腸内で分裂増殖を繰り返し、腸内フローラを形成します。そして4~5日間体内に滞在した後、便として排出されます。加齢、ストレスなど腸内環境により腸内細菌の量やバランスは日々変化し続けています。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

善玉菌の代表である乳酸菌とビフィズス菌の違いは、主に大腸に生息して便秘や下痢など整腸作用があるのがビフィズス菌で、主に小腸に生息して整腸以外にも免疫力を高めたり、アレルギーへの効果があるのが乳酸菌です。いずれも腸内環境を整え、腸内フローラを健康にするため重要な腸内細菌です。

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

「プロバイオティクス」は、腸内環境を改善することで人の健康に良い働きをする生きた微生物(善玉菌や腸内細菌)を示します。 乳酸菌やビフィズス菌があります。 一方、そのプロバイオティクスの働きを助けるのが「プレバイオティクス」です。 オリゴ糖類や食物繊維などがその代表的なものです。

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と疲れと悪玉菌を増やす原因!

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と疲れと悪玉菌を増やす原因!

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と活性酸素と悪玉菌を増やす原因になります。肥満、糖尿病や心臓病の発症リスクが高まります。また、血糖値が高くなり過ぎると活性酸素も増加し、老化を促進させます。腸内環境にも悪影響があります。悪玉菌は砂糖と油が大好きなので取り過ぎは便秘にもつながります。

1 2