「 腸内細菌 話題 」一覧

スポンサーリンク
おならが臭い原因は腸内に悪玉菌が増えてガスが溜まっている証拠

おならが臭い原因は腸内に悪玉菌が増えてガスが溜まっている証拠

おならが臭い原因は腸内に悪玉菌が増えてガスが溜まっている証拠です。 食生活の乱れ、ストレスや運動不足、睡眠不足も影響すると言われています。一番の原因は食べ物の内容です。 おならが臭くて気になる人は腸内細菌のバランスが崩れて、腸内環境が悪化している可能性があります。

アスリートは肉が命?運動とたんぱく質と腸内細菌の多様性の関係

アスリートは肉が命?運動とたんぱく質と腸内細菌の多様性の関係

運動は大腸がんのリスクを低減させますが、運動と腸内細菌や腸内フローラに何か関係性があるのでしょうか?プロラグビー選手と一般人の腸内細菌を比べるとアスリートであるラクビー選手の方がより多様性があり、食事も肉やプロテインなどから多くのたんぱく質を摂取してることがわかりました。

糖尿病改善のカギ!?注目の腸管分泌ホルモン「インクレチン」

糖尿病改善のカギ!?注目の腸管分泌ホルモン「インクレチン」

糖尿病は血糖のコントロールが大切です。今、腸管分泌ホルモン「インクレチン」が糖尿病の改善や血糖調節のしくみに深く関与していることで注目されています。インクレチンは血糖値レベルに合わせてインスリンの分泌を促します。インクレチン分泌に関わるのがバクテロイデス属の腸内細菌です。

腸内細菌はいつから腸に棲みつく?赤ちゃんへ引き継がれる乳酸菌

腸内細菌はいつから腸に棲みつく?赤ちゃんへ引き継がれる乳酸菌

腸内細菌はいつから腸に棲みつくのでしょうか?胎内にいるときは腸内は無菌状態です。ところが出産で産道を通るときお母さんの腸内細菌である乳酸菌やビフィズス菌が赤ちゃんに乗り移ります。授乳によって母乳の中にも腸内細菌が乗り移ります。子どもの健康のためにもお母さんの責任は重大です。

糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪い!

糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪い!

国内でも約2,100万人が糖尿病か糖尿病予備群と言われています。糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪く、糖尿病の人の腸内は善玉菌が少ない特徴があります。腸内細菌が糖尿病に影響を与えるという専門機関からの報告が注目されています。

カンジダ菌の症状って?感染経路とその原因について

カンジダ菌の症状って?感染経路とその原因について

カンジダ菌は真菌(カビ)の一種で、元来は人の口内や皮膚、腸内および女性の膣内に普通に生息する常在菌です。従って、カンジダ菌による症状は膣カンジタなど女性に限ったものではありません。最近の研究で、カンジタ菌は様々な疾患に関係していることが分かってききました。

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすいと言われています。脳内で分泌される神経伝達物質「セロトニン」や「ドーパミン」などのホルモンは腸で作られています。但し、腸の機能が低下すると脳に必要な栄養素が不足してしまうため認知症を招きやすくなると考えられるわけです。

うつ病と腸内細菌と幸せホルモン「セロトニン」の関係について

うつ病と腸内細菌と幸せホルモン「セロトニン」の関係について

うつ病と腸内細菌と幸せホルモンのセロトニンの関係が話題になっています。脳内セロトニンは長期間のストレス下で減少します。うつ病の多く人は脳内のセロトニンが低下しています。セロトニンの約90%が腸内で作られることからも、うつ病と脳腸相関の関係が注目されています。

ダイエットに失敗するのは腸内細菌の「デブ菌」が原因だった!?

ダイエットに失敗するのは腸内細菌の「デブ菌」が原因だった!?

ダイエットに必ず失敗してしまう人っていらっしゃいますよね。 実は、ダイエットに腸内細菌が大きく関係していることが発表され話題になりました。肥満の人には、ファーミキューテス類いわゆる「デブ菌」が多く、バクテロイデーテス類いわゆる「ヤセ菌」が少ない・・

妊婦が便秘しやすいのは何故?妊娠中の腸内環境の改善策は?

妊婦が便秘しやすいのは何故?妊娠中の腸内環境の改善策は?

妊婦が便秘しやすいのは何故でしょうか?「体のホルモンバランスの変化」「つわりによる食欲不振」「運動不足」「ストレスによる自律神経の乱れ」「子宮による腸管の圧迫」などです。妊娠中の腸内環境の改善は、食物繊維が豊富な食材を積極的に摂取することをお勧めします。

1 2 3