「 腸内細菌 話題 」一覧

スポンサーリンク
腸は脳よりも賢い!?「第2の脳」と呼ばれる「腸」の以外な秘密!

腸は脳よりも賢い!?「第2の脳」と呼ばれる「腸」の以外な秘密!

腸は脳よりも賢い!?腸は第2の脳と呼ばれています。その理由は、腸と脳はホルモンなどの神経伝達物質を送り合っています。脳から分泌されるホルモンによって腸の働きが変化しますし、逆に腸内環境が悪いと脳が不快感やストレスを感じるわけです。その密接な関係を「脳腸相関」と呼んでいます。

唾液はとっても大切!!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは!?

唾液はとっても大切!!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは!?

腸内環境と口内環境は共通点があります。どちらも多くの細菌が住み、体を守る免疫力に深く関係しています。 口の中の唾液には、侵入した有害物質やウィルスを食い止める免疫機能が備わっている他、消化機能、抗菌力、汚れを落とす自浄力、口の粘膜を乾燥から保護するなど大切な機能が存在します。

腸内フローラにいる腸内細菌は、便と一緒にいつか無くなってしまうの?

腸内フローラにいる腸内細菌は、便と一緒にいつか無くなってしまうの?

便の約10%は腸内細菌の死骸が含ます。但し、毎日の排便で排出されるだけでなく腸内細菌は腸内で分裂増殖を繰り返し、腸内フローラを形成します。そして4~5日間体内に滞在した後、便として排出されます。加齢、ストレスなど腸内環境により腸内細菌の量やバランスは日々変化し続けています。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

善玉菌の代表である乳酸菌とビフィズス菌の違いは、主に大腸に生息して便秘や下痢など整腸作用があるのがビフィズス菌で、主に小腸に生息して整腸以外にも免疫力を高めたり、アレルギーへの効果があるのが乳酸菌です。いずれも腸内環境を整え、腸内フローラを健康にするため重要な腸内細菌です。

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

「プロバイオティクス」は、腸内環境を改善することで人の健康に良い働きをする生きた微生物(善玉菌や腸内細菌)を示します。 乳酸菌やビフィズス菌があります。 一方、そのプロバイオティクスの働きを助けるのが「プレバイオティクス」です。 オリゴ糖類や食物繊維などがその代表的なものです。

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と活性酸素と悪玉菌を増やす原因!

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と活性酸素と悪玉菌を増やす原因!

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と活性酸素と悪玉菌を増やす原因になります。肥満、糖尿病や心臓病の発症リスクが高まります。また、血糖値が高くなり過ぎると活性酸素も増加し、老化を促進させます。腸内環境にも悪影響があります。悪玉菌は砂糖と油が大好きなので取り過ぎは便秘にもつながります。

驚きの事実!!「人の幸福」は腸内細菌が関係していた?

驚きの事実!!「人の幸福」は腸内細菌が関係していた?

人が幸福を感じるのは脳内分泌ホルモンである神経伝達物質が影響します。やる気や快楽を高めるドーパミンとそれをコントロールし、精神の安定と満足感をもたらすセロトニンです。 このセロトニンの約90%が腸に集中しているため、腸内細菌バランスを整えることが大切です。

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

赤ちゃんは無菌状態で生まれ、母乳を通じて母親の腸内環境が受け継ぎます。乳幼児の腸内細菌はビフィズス菌などの善玉菌に満ちていますが、ジャンクフードやお菓子など乱れた食生活をしてきた母親の腸内細菌は悪玉菌が優勢となり、子供や子孫の腸内環境まで悪影響を与えます。

美容と健康のカギは腸内フローラ!腸内細菌を検査しよう!

美容と健康のカギは腸内フローラ!腸内細菌を検査しよう!

最近、乳酸菌ブームです。テレビでも専門家の先生も言う通り、腸活は美容や健康の秘訣です。 そこで、自分の腸内細菌を検査できるサービスを存知ですか?便に含まれる腸内フローラ中の遺伝子を解析し、腸内環境の推移や腸内細菌の構成、主要な細菌の割合、健康状態までを検査してくれます。

「腸活」ブームの火付役!?乳酸菌がダイエットにも効果的な理由は!?

「腸活」ブームの火付役!?乳酸菌がダイエットにも効果的な理由は!?

「腸活」がブームですが、ダイエットには食事・運動・睡眠が大切です。内側からキレイに美しく痩せるためには、お腹の中のスッキリは重要。 便秘がちな腸内は肌荒れ、ニキビなどの原因になります。ダイエット成功させるには乳酸菌を摂取して腸内環境を整え「健康な腸」を保つことが効果的です。

スポンサーリンク