うつ病と腸内細菌の関係について

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピング店長の齋藤です。

最近、うつ病と腸内細菌の関係が話題になっていますね。
なぜ、腸内細菌とうつ病が関係しているのでしょうか?

それは幸せホルモンであるセロトニンが作られるためには、腸内細菌、特に善玉菌の助けが必要だからです。

そもそも、うつ病ってどんな病気?

うつ病という言葉は良く耳にするようになりましたが、うつ病のこと皆さんどのくらいご存知でしょうか?

うつ病とは、心身のエネルギー量が低下することによって日常生活に支障を来した状態を指します。

うつ病の基本的な症状は精神面に現れます。
主な症状は

気分がふさぐ、気が滅入る

気分がふさぐ、気が滅入る、将来に対して悲観的になる、絶望的になる、何となく漠然とした不安感を持つ、ささいなことに腹を立てるなど憂うつ感と不安感が混じった症状が出やすくなります。

思考制止により、注意力や集中力が鈍る

考えがうまくまとまらず、ささいなことでも決断に時間が掛かる、注意力や集中力が鈍る、同じことを繰り返す。

物事に対する関心や興味が低下する

行動が不活発になり、口数も少なくなる。
趣味や仕事、外出などがつまらなくなる、おしゃれだった人が服装や髪型を気にしなくなる、さらに、日常生活で当たり前の行動も面倒になる、他人との会話もおっくうになり、部屋に閉じこもって人を避けるようになるなどの症状が挙げられます。

うつ病は心と体の病気

精神以外でもさまざまな身体面での症状が見られます。
中でも、うつ病の悩む人の約90%に睡眠障害がみられるとのこと。


なかなか眠れない、熟睡できずない、夜中に何度も目が覚める、早朝に目覚めて眠れなくなるといった症状が現れるのがうつ病の特徴です。

眠れずないために余計な考えをしてしまったり、眠気が取れないので疲労感が溜まる。起き上がるないこともあります。

これらの、睡眠障害のほか、食欲不振、便秘、下痢、めまい、頭痛、動悸、、体重減少、ED、生理不順などもみられるようです。

まとめ

うつ病の精神症状は健康な人でも、しばしば陥る状態です。
それゆえ、単純に「怠けている」「やる気がない」などと判断される場合もあります。

うつ病で悩んでいる人に対してこのような非難や「ガンバレ」など励ましたりすると、かえって無力感や劣等感、焦燥感がつのり、さらに症状が悪化することもあるようです。

精神的なストレスなどで腸内細菌のバランスが崩れると自律神経系の機能に影響するためうつ病になりやすい可能性などが専門家の間でも指摘されています。
前述のように朝の覚醒との関係が深いメラトニンや幸せホルモンであるセロトニンの多くは腸内によって産出されます。

腸内環境を改善して、ストレスフリーの気分よい毎日を過ごすのが健康のために何より重要なんでしょうね!

いつまでも元気な秘訣は腸にあった!!
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする