「 免疫力低下 」一覧

スポンサーリンク
免疫力が低下するとくり返し再発するやっかいな膣カンジタ症

免疫力が低下するとくり返し再発するやっかいな膣カンジタ症

カンジタ菌は膣内だけでなく皮膚、口内、腸に存在する細菌です。ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど免疫力が低下すると急激に増加して膣カンジタ感染症となって現れ、しかも再発をくり返します。特に閉経後の女性は膣内の自浄能力が低下し、カンジタ菌が繁殖しやすくなります。

日本の性感染症の中で免疫不全ウイルス「HIV(エイズ)」が増えている!?

日本の性感染症の中で免疫不全ウイルス「HIV(エイズ)」が増えている!?

日本の性感染症の中で免疫不全ウイルス「HIV」(エイズ AIDS)が増えています。厚生労働省よるとHIV感染者やエイズ患者は、毎年増加しており、その95%男性です。HIVウイルスの感染ルートは男性同士の同性間での性的接触が6割以上達と報告されております。

赤ちゃんを出産すると免疫力が下がる理由は?

赤ちゃんを出産すると免疫力が下がる理由は?

実は「子供を出産すると免疫力が下がる」ことご存じでしたか? 「風邪を引きやすくなった」「口内炎が増えた」「体重が減った」「蕁麻疹やヘルペスなど出るようになった」と悩むお母さんたちが多いようです。 では、なぜ、産後免疫力が下がるのでしょうか?

夏の夜の夜更かしは免疫力低下の原因!?

夏の夜の夜更かしは免疫力低下の原因!?

夜更かしは免疫力低下の原因です。理由は、本来睡眠の準備が出来ている夜の時間帯に緊張や興奮または光などを浴びると体内時計の調子が狂い、メラトニンの分泌が低下します。結果、自律神経のバランスも崩れ、がんやウイルスと闘うNK細胞の働きも低下してしまうからです。

体温が下がると免疫力はダウンする?現代人の体温は下がった理由は?

体温が下がると免疫力はダウンする?現代人の体温は下がった理由は?

体温が1度下がると免疫力は30%もダウンします。医療機関の調査によれば、50年前に比べ我々の平均体温は大幅に下がっているとのこと。では、なぜ現代人の体温は下がったのでしょうか?結論から言いうと、筋肉を使わない生活が体温低下を招いた最も大きな理由なのです。

体の冷やし過ぎは免疫力低下の原因!猛暑なのに低体温になる理由

体の冷やし過ぎは免疫力低下の原因!猛暑なのに低体温になる理由

体の冷やし過ぎによる夏の低体温は免疫力低下の原因です!低体温は、体温が低く主に毛細血管の血行が悪くなり、指先やつま先などが冷えやすくなりますし、むくみや消化不良、免疫力低下など体へ悪影響を及ぼします。低体温を克服のキーマンは自律神経のバランスです。

唾液が減って口内が乾燥する!!「ドライマウス」は免疫力低下のサイン!

唾液が減って口内が乾燥する!!「ドライマウス」は免疫力低下のサイン!

唾液が減り口内が乾燥するドライマウスに悩んでいる方が多いようです。唾液は自浄作用や歯の再石灰化作用の他に口内細菌を抑える免疫機能を兼ね備えております。口内が乾くと、ネバネバした感じになります。ドライマウスにより唾液の分泌量が減少し、乾燥することで免疫力が低下してしまいます。

加齢による毛細血管の老化は免疫力の低下やたるみやむくみの原因!

加齢による毛細血管の老化は免疫力の低下やたるみやむくみの原因!

健康のカギを握る血液、中でも体中の毛細血管が注目されています。毛細血管の老化は免疫力低下につながるとされる理由は、この毛細血管こそが、栄養を運び、老廃物を回収し、免疫細胞が活躍する極めて重要な役割を持ってからです。但し、毛細血管は老化・減少してしまいます・・

本当に”がん”より怖い?高齢者の『誤嚥性肺炎』について

本当に”がん”より怖い?高齢者の『誤嚥性肺炎』について

週刊新潮で「がんより怖い『誤嚥性肺炎』を防ぐ完全ガイド」というショッキングな記事を目にしました。誤嚥性肺炎は、誤嚥によって細菌が唾液や胃液と一緒に肺に流れ込んでしまい、細菌が繁殖して炎症が起きる病気です。高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われてる。

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時のサインといえば「風邪を引きやすい」「喉がすぐに腫れる」「結膜炎やものもらいがよくできる」「肌荒れ、二キビや吹き出ものが多い」「お腹が弱い」「疲れがとれない」の6つです。原因の一つに腸内環境の乱れで免疫力が弱まることが指摘されています。

1 2