夏の低体温は、免疫力低下の原因!?

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピング店長の齋藤です。
今年の夏は涼しいのではと思っていたのですが、予報によると例年通り猛暑だとか?
夏好きとしては、嬉しい季節なのですがあまりに暑いとさすがにこたえますよね。

暑いからといって、体の冷やし過ぎには注意が必要です。

夏場こそ体の冷やし過ぎには注意が必要です
更に、冷たい物の摂りすぎやクーラーの効いた部屋に長時間いると低体温になる危険性があります。

低体温と低体温症って同じ?違う?

低体温や低体温症という言葉を耳にされた方も多かと思いますが、低体温症とは、平熱が低いというに留まらず深部体温である「直腸温」が35℃以下に低下した状態を示します。

低体温と低体温症は医学的に違う
突然の雨で衣服が濡れたり、冬山はもちろん、夏山での天候悪化により急激な気温低下などにより体が冷え切ってしまうことなどが原因となります。

一方で「低体温」は、冷え性の原因となるもので医学的には低体温症とは異なります

「低体温」は冷え性の原因となります
体温が低く主に毛細血管の血行が悪くなり、指先やつま先などが冷えやすくなります。
また、むくみや消化不良、免疫力低下など体へ悪影響を及ぼします。

暑い夏に低体温を引き起こす理由は?

低体温を引き起こす大きな理由は4つあります。

その1 筋肉量の低下による基礎代謝不足

暑い夏は運動不足によって筋肉量が低下し、基礎代謝不足に陥ります

暑い夏は出来るだけ動きたくないですよね。
必然、運動不足となりちょっと歩けば汗が噴き出るなどついつい外出も億劫に・・。
すると普段より筋肉が使われないために熱量も上がらず基礎代謝も悪くなりがちです。

その2 クーラーによる冷え 

クーラーは冷えの大きな原因

クーラーの効いた場所はとても快適なことは事実です。
ただ、いつもお手軽に涼しくなれる生活環境に慣れると体の機能も怠けて
しまいます。
快適過ぎる状況は、体温調整機能の低下を招きます。

その3 冷たい飲みもの食べものによる胃や腸への負担

ビールがうまい!しかし、冷たい飲みものや食べものによる胃や腸への負担が増えます

冷たいものを食べ過ぎると胃や腸に負担が掛かります。
水分の摂りすぎはむくみの原因にもなります。
消化不良でお腹を壊したり、腸内のぜん動運動の機能低下や下痢などの原因になります。

その4 夏場に特有のストレス

暑く寝苦しい夜は睡眠不足の原因となります

暑く寝苦しい夜は睡眠不足の原因です。
けれども外も気持ち良いし夜の活動も増えますよね。

お酒や冷たい飲み物は美味しいものの、食欲は進まない・・
すると、夏バテ気味になり身体がだるいなど疲れを感じる人も多くいます。

このことが以外なストレスを生みます。
ストレスは体の病気だけでなく心を含め全てに悪影響を及ぼします。
また、専門家の先生によれば現代人は昔の人よりストレスに対する抵抗力が弱まっている言われています。

低体温を克服のキーマンは?

前述のように体温調整機能が低下すると免疫力も低下しますが、このことは自律神経に関係があります。
私たちの体には、交感神経や副交感神経が交互に作用しながら「自律神経のバランス」を保っています。

自律神経のバランスを整えましょう

いつもお手軽に涼しくなれる生活環境はもちろん有り難いことですが、こと自律神経に関してはマイナスです。

体本来がもつ体温調節機能を駆使せずに涼しくなるわけです、やっぱり使わない機能は衰えていきますよね。

早寝早起と汗をかくことは低体温にも免疫にも良い

そこでおススメなのが、早寝早起きして一日一回は汗をかくこと
暑い日中は避けて朝の時間帯にウォーキングやジョギングなどが良いですね。

早寝早起きして一日一回は汗をかく運動が気持ち良い
自律神経のバランス改善にもなりますし、筋肉を動かすことで基礎代謝も上がります。
第一、気分が良いですよね。

早寝早起は言うまでもありません
夜更かしがちなライフスタイルは、睡眠不足を招きますが、睡眠時間を前倒しするだけでも効果が期待できます。

この夏は低体温やストレスに耐えられる体作りを目指したいですよね。

いつまでも元気な秘訣は腸にあった!!
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする