「 腸脳 」一覧

スポンサーリンク
芸能人も悩むパニック障害は脳内ホルモンであるセロトニンがカギ

芸能人も悩むパニック障害は脳内ホルモンであるセロトニンがカギ

パニック障害の特徴は、原因不明のパニック発作を起こすことです。パニック障害は睡眠に関係深い神経伝達物質セロトニンという脳内ホルモン不足が発症原因と考えられます。トリプトファンを原料にするセロトニンは約90%が腸内で作られますので、睡眠・食事・腸を整えることが大切です。

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故でしょうか?小腸の神経細胞の殆どが脳から独立して動く一方で、大腸は脳からのストレスを受け易い器官です。 また小腸にはパイエル板という免疫に重要な細胞が点在し、その働きが非常に活発のため、がんなどにも強いことが言えます。

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の価値や嗜好が変わってきますよね。その理由は、加齢による体の変化を腸が感知して、脳へ働きかけるために起こるのではないかと言われています。 食べたい物を決めているもの腸が脳へ指令を出していると考えるとその疑問も理解できる気がします。

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすいと言われています。脳内で分泌される神経伝達物質「セロトニン」や「ドーパミン」などのホルモンは腸で作られています。但し、腸の機能が低下すると脳に必要な栄養素が不足してしまうため認知症を招きやすくなると考えられるわけです。

うつ病と腸内細菌と幸せホルモン「セロトニン」の関係について

うつ病と腸内細菌と幸せホルモン「セロトニン」の関係について

うつ病と腸内細菌と幸せホルモンのセロトニンの関係が話題になっています。脳内セロトニンは長期間のストレス下で減少します。うつ病の多く人は脳内のセロトニンが低下しています。セロトニンの約90%が腸内で作られることからも、うつ病と脳腸相関の関係が注目されています。

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短いという話はウソではありません。腸は最も老化しやすい臓器、つまり寿命が短いことが分かってきました。腸と脳は相関関係にあり、便秘で腸内環境の悪化すれば脳や他の臓器にも悪影響を与えます。 従って、人の寿命には腸の老化予防が何より大切になってきます。

うつを予防する幸せホルモン「セロトニン」と腸内細菌の関係とは!?

うつを予防する幸せホルモン「セロトニン」と腸内細菌の関係とは!?

セロトニンとは脳内の神経伝達物質の一つで、精神の安定や幸福感を生み出す役割を担っており「幸せホルモン」と言われ、実はその90%は腸内に存在しています。ノルアドレナリンやドーパミンの分泌をコントロールしてくれる舵取り役的な存在で、うつ病予防にも深い関係があるのです。

腸は脳よりも賢い!腸が第2の脳と呼ばれる脳腸相関の理由とは

腸は脳よりも賢い!腸が第2の脳と呼ばれる脳腸相関の理由とは

腸は脳よりも賢い!?腸は第2の脳と呼ばれています。その理由は、腸と脳はホルモンなどの神経伝達物質を送り合っています。脳から分泌されるホルモンによって腸の働きが変化しますし、逆に腸内環境が悪いと脳が不快感やストレスを感じるわけです。その密接な関係を「脳腸相関」と呼んでいます。

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は原因不明の難病ですが、腸内環境の悪化が原因なので、腸内環境の改善が症状が緩和する可能性があるとのこと。 慢性疲労症候群はストレスなどで免疫力が低下し、脳の血流や働きに影響を与えて強い疲労感を起こすという説が有力です。まさに、腸脳相関がポイントになります。