免疫力と深い関係にある「リンパ」の役割って何?

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピング店長の齋藤です。

リンパ腺とかリンパマッサージという言葉を耳にするかと思いますが、いったいリンパとは、どういうものなのでしょうか?

簡単に言えば、血液が流れる血管は、全身の細胞へ酸素や栄養を運ぶ役割です

一方、リンパ液が流れるリンパ管は、全身の細胞から老廃物や古い細胞、病原菌などをを排除する排泄機能と免疫機能の2つの役割を持っています。

リンパ管を流れるリンパ液

体の中にはリンパ管という細い管があり、全身に分布しいています。
また、その中をリンパ液が流れています。

リンパ液は毛細血管から出た血漿がリンパ管に侵み出したもので、成分は血漿とほぽ同じで90%が水分です。
但し、血液と違って赤血球や血小板などを含みません。

リンパ液は毛細血管から出た血漿がリンパ管に侵み出したもので、リンパ液には顆粒球、単球、リンパ球などの白血球が含まれます

リンパ液には顆粒球、単球、リンパ球などの白血球が含まれます。
白血球の中のリンパ球の割合は約25%を占めており、リンパ液にはリンパ球が数多く集中しています。

他にもたんぱく質やブドウ糖、塩類などが含まれています。

リンパ球は血管とリンパ管を自由に移動

白血球の一種であるリンパ球は、血管内とリンパ管内を自由に移動し、免疫担当細胞として重要な働きを担っています

リンパ球もまた血液が造血されるのと同様に骨髄の中の幹細胞という場所で作られます。

多くのリンパ球を含むリンパ液の役割は、古くなった細胞や老廃物、病原体、がん細胞、腸管で吸収された脂肪など回収して、リンパ管を通して運ぶことです。

リンパ液が流れるリンパ管は、全身の細胞から老廃物や古い細胞、病原菌などをを排除する排泄機能と免疫機能の2つの役割を持っています

そして、リンパ液は、リンパ管から静脈血管に入り、心臓、動脈を流れた後、毛細血管から再び浸みだして出て、リンパ管に戻るという循環をします。

血液と違い、ゆっくりと体を巡回する一日のリンパ液量は約2~4リットルと言われています。

●全身に分布するリンパ管

全身に分布するリンパ管の図
画像引用:http://www.goo.gl/Kn1gR4

リンパ節は体を守ってくれる免疫の大切な場所

リンパ管のところどころにソラマメ状の大きさのリンパ節(リンパ腺)があります。

リンパ節(リンパ腺)は、リンパの排泄機能と免疫機能の役目を持っています。

その数は 全身に400~800個程度あり、頸部・腋窩部・腹部・骨盤部・鼠径部に集中しており、中でも半数以上が腸周辺に存在しています

リンパ節

リンパ節は体を守ってくれる免疫の大切な場所です画像引用:http://www.goo.gl/EmBxBr

①リンパ液に入った細菌や異物を濾過、除去するなど排泄機能と免疫機能
②リンパ細胞内で新しいリンパ球を蓄え、免疫抗体を産生する

風邪を引いた時など、リンパ腺が腫れることなど経験あるかと思います。
これは、リンパ液内のリンパ球たちが体を守るために細菌との闘うことでリンパ節が炎症を起こした結果、腫れてしまうのです。

このようにリンパ節は様々な害的や異物、がんなどに対して体を守る免疫機能の重要な要として日々闘ってくれているのです。

いつまでも元気な秘訣は腸にあった!!
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪
体を守る秘訣は腸にあり│乳酸菌サプリメント「メガサンA150」

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする