「 乳酸菌 免疫 」一覧

スポンサーリンク
腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

リーキーガット症候群(Leaky Gut Syndrome)は、腸管浸漏症候群とも呼ばれます。食べ物などの栄養素は分解され、腸内の細胞の隙間から吸収されるのですが、リッキーガット症候群になると、腸管の粘膜細胞に穴が開き、本来通過出来ない有害菌、ウイルスや食物が漏れ出す現象なのです。

ペット用のヘルスケアにも乳酸菌が注目されている理由は?

ペット用のヘルスケアにも乳酸菌が注目されている理由は?

愛する家族の一員であるワンちゃんやネコちゃんなどペット用ヘルスケアにも乳酸菌や乳酸菌サプリメントが注目されています。乳酸菌はペットの腸内環境に働きかけ、便秘や便臭を改善するだけでなく、免疫力を高めます。また、口内トラブルや歯周病などにも有効です。

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒について

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒について

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒に関連し、夏休みに家族で帰省した3歳になる女の子がで亡くなりました。「O157」は感染力が強く、「ベロ毒素」と呼ばれる猛毒を産生する大腸菌感染症です。 その症状は、激しい下痢や腹痛、発熱、腸管からの出血や血便など・・

赤ちゃんを出産すると免疫力が下がる理由は?

赤ちゃんを出産すると免疫力が下がる理由は?

実は「子供を出産すると免疫力が下がる」ことご存じでしたか? 「風邪を引きやすくなった」「口内炎が増えた」「体重が減った」「蕁麻疹やヘルペスなど出るようになった」と悩むお母さんたちが多いようです。 では、なぜ、産後免疫力が下がるのでしょうか?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故でしょうか?小腸の神経細胞の殆どが脳から独立して動く一方で、大腸は脳からのストレスを受け易い器官です。 また小腸にはパイエル板という免疫に重要な細胞が点在し、その働きが非常に活発のため、がんなどにも強いことが言えます。

素朴な疑問!「細菌」と「ウイルス」の違いって何? 

素朴な疑問!「細菌」と「ウイルス」の違いって何? 

細菌とウイルスの違いは、自己増殖ができるかどうかの点です。 細菌は細胞をもった単細胞生物で、環境が整えば、自分自身で勝手に増えていくことが可能です。一方、ウイルスは、細胞内の核に存在する遺伝子だけを持った微生物です。従い、ウイルス単独では増殖することができません。

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の価値や嗜好が変わってきますよね。その理由は、加齢による体の変化を腸が感知して、脳へ働きかけるために起こるのではないかと言われています。 食べたい物を決めているもの腸が脳へ指令を出していると考えるとその疑問も理解できる気がします。

NK細胞を活性化する身近な食べ物~納豆・発酵食品・キノコ類

NK細胞を活性化する身近な食べ物~納豆・発酵食品・キノコ類

奥村康先生は免疫学の国際的な権威である順天堂大学医学部名誉教授の奥村康先生も著書の中で、がんを予防するためには、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化することがとても大切であると述べられていました。実は、手軽に摂取できる食べ物を通じて、NK細胞を活性化することが可能です。

遺伝子とがんと免疫の関係について

遺伝子とがんと免疫の関係について

細胞のがん化は、遺伝子の異常が大きく関わっています。 遺伝子には「がん遺伝子」と「がん抑制遺伝子」があり、遺伝的や環境的な要因などにより、バランスを崩すと細胞のがん化が進みます。細胞のがん化を抑制していくために、日ごろから免疫力を高めて、活性化させていくことが大切です。

夏の夜の夜更かしは免疫力低下の原因!?

夏の夜の夜更かしは免疫力低下の原因!?

夜更かしは免疫力低下の原因です。理由は、本来睡眠の準備が出来ている夜の時間帯に緊張や興奮または光などを浴びると体内時計の調子が狂い、メラトニンの分泌が低下します。結果、自律神経のバランスも崩れ、がんやウイルスと闘うNK細胞の働きも低下してしまうからです。

スポンサーリンク