生きた死んだは関係ない!賢く乳酸菌サプリメントを選ぶコツ!

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピング齋藤です!
このブログでは読者の皆さまのお役に立てる健康情報を厳選チェックしてお届けしております。

乳酸菌関連の食品やサプリメントの中で「生きた乳酸菌と死んだ乳酸菌どちらを選んだほうが腸の健康に良いの?」というご質問もお客様よりいまだに頂きます。

「生きたまま腸に届く」というキャッチコピーってウソホント?

「生きたまま腸に届く」というキャッチコピーは確かにインパクトありますよね

まるで、その乳酸菌が生きたままに腸に届いて、腸内に定着して、増えるイメージを抱く方も多いかと思いますが、実際はそれほど単純なものではありません。

そもそも、生きた乳酸菌は強力な酸をもつ胃酸や胆汁酸でそもそも腸にたどり着く前に死んでしまいます

生きた乳酸菌は強力な酸をもつ胃酸や胆汁酸で腸にたどり着く前に死んでしまいます

また、仮にそれらの難関を潜り抜けて、生きたまま腸に届いたとしてもそれが生きたまま腸に住み着くのでしょうか?

いいえ、これも全く違います。

生きたまま腸に済みつくことはほとんどありません。

商品広告のイメージだけが先行しているわけです

乳酸菌が「生きている」ことはあまり価値がない

ブログでも再三お話しておりますが、一般的の腸の中には約1,000兆個もの腸内細菌が住みついています。

これらの細菌を常在菌と呼び、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と多種多彩です。

腸の中には約1,000兆個もの腸内細菌=常在菌が住みついています

長年かけて今の腸内環境になったわけですよね。

実際、腸内細菌があなた自身を形成しているといっても過言ではございません。

従って、ちょっとやそっとの生きた乳酸菌が入ってきたとしてもこれらの常在菌が、俺たちの縄張りだぞとばかり、あっという間に体外へ追い出してしまいます

だから、生きて腸に届くという「生きて」という部分には正直いってあまり価値がないのです。

では、乳酸菌が腸にとって必要ないものなのか?
という疑問がわき起こってくるかと思います。

その答えは、生きていても死んでいても関係なく乳酸菌は腸内環境を整える働きがあるので有用であるということなのです

菌体の品質が免疫力を高めるカギとなる

死んだ、生きたという言葉のもつニュアンスに惑わされないでください。

死菌でも生菌でも大切なことは乳酸菌の質と量なのです。

なぜなら、口から摂取した乳酸菌は腸に住み着くから良いのではありません。

第一に、腸内にいるあなたの善玉菌の栄養になりると腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を助けます。

つまり、便秘対策にも良いことになります。

また、小腸の免疫の要であるバイエル板という器官を中心に全身の約70%以上の免疫細胞である白血球を活性化させる役割を持っています。

【体を守る免疫細胞である白血球の種類】

乳酸菌の死菌体には免疫細胞である白血球を活性化させる役割がある

しかも、死んだ乳酸菌は活性度の高い細胞壁を中心にその成分を加工し集めることができるため、安定した品質で作れるというメリットがありまあす。

死んだ乳酸菌は加熱殺菌されて、熱にも強いですし胃酸にも強いものが多く存在します。

また、生きているより取扱いが容易のために一度に膨大な数の乳酸菌を摂取できる利点も兼ね備えています。

死んだ乳酸菌のメリットをまとめますと

【死菌体の乳酸菌メリット】

・加熱殺菌加工により熱にも胃酸にも強い
・一度に多くの乳酸菌を摂取できる
・免疫細胞を活性化する役割がある
・ビタミンを合成する
・消化吸収を助け、腸の蠕動運動を活発にする

ということになります。

賢く乳酸菌サプリメントを選ぶコツ!

乳酸菌は生きているか死んでいるかに関わらず腸内環境にとって優れた働きをすることが明らかになっています。

そして、腸内環境を改善したいのなら、自分自身のお腹の中の善玉菌を増ふやして元気にするのが近道です。

従って、見た目の安さやブランドで判断せず

「お腹の蠕動運動を活発化させれるか?」

「善玉菌の栄養となるのに十分な量か?」

「体を守る免疫力を高める品質があるか?」

などの観点で乳酸菌やサプリメントを賢く選んで頂くことをお勧め致します。

いつまでも元気な秘訣は腸にあった!!
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪
免疫力を高めて体の力を守る乳酸菌│乳酸菌サプリメント「メガサンA150」
健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする