免疫力アップ☆腸活美人な乳酸菌生活

健康生活に重要な役割を果たす「免疫」。『人生は腸できまる』をモットーに腸内環境改善と免疫力アップの乳酸菌生活ブログ!

お口の中は細菌だらけ!?口内フローラを整えよう

      2017/02/14

ヘルシーワンショッピング店長の齋藤です!
このブログでは読者の皆さまのお役に立てる健康情報をチェックしてお届けします。
今日のテーマは「口内フローラ」です。

お口の中や血管内で勝手に増える口腔内細菌

健康情報に敏感な皆さまですから「体に悪いものは取り入れたくない」と添加物や農薬なに注意しているかと思います。
でも、胃腸や肝臓などの内臓の働きがしっかりしていれば、解毒作用によって害を最小限にしてくれるのも事実ですし、少なくとも、添加物や農薬が体内で増加することはありません。

83343bc7890cf80305ed31050ff6ae03_s

一方、人間の体内に侵入しそこで増殖してしまうものがあります。
それが、口の中に棲む菌、つまり「口腔内細菌」です。
口腔内細菌は、歯磨きをしないままに放置したり、そのまま眠ったりしてしまうと口内で確実に増殖します。

腸内フローラだけじゃない!口内フローラも存在する!

私達の体内には約60兆個の細胞がありますが、その15倍以上にあたる約1000兆個もの細菌が腸内に棲みついて腸内フローラを形成しています。
細菌が一番多い場所が「腸内」その次に多いのが「口腔内」です。

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad

その数、約300~400種で、数千億個の細菌がお口の中に生息していますです。この口腔内常在菌と呼ばれる細菌の7割程度が、いわゆる善玉菌や日和見菌です。
口内の悪玉菌とえば、歯周病菌、ミュータンス菌が代表です。
その他はカンジダ菌、黄色ブドウ球菌、インフルエンザ菌なども含まれます。

これらが、腸内細菌と同様にお口の中でもバランスを取り「口内フローラ」を形成し口腔内の健康を保つために役立っています。

0eea40d3169b163b073eb7d9905
ただ、やはり免疫力の低下とともにバランスが崩れ悪玉菌が増殖し続けると、様々な問題の原因になります。

banner300_03_170214

口内フローラのバランスはすぐに崩れる

では、どのようにして口内細菌のバランスが崩れるでしょうか?
口内フローラのバランスが崩れる現象は簡単に起こります。
例えば、歯周病や虫歯を放置すれば、口腔内細菌の中での悪玉菌はどんどん増えてしまいます。

しかも、これらの悪玉菌が増えると、さらに歯の表面に細菌がスクラムを組んでガッツリ張り付くような「バイオフィルム」を形成し、その中で悪玉菌がどんどん増殖していくのです。biofilm1 参照 http://goo.gl/RghDju

口内細菌が歯と歯茎の隙間から血管に入ると大変!?

そして、非常に困るのが、増殖した口腔内細菌は口の中だけに留まってはいない、ということなのです。

実は、口の中から、血管内に簡単に入り込んでしまいます。基本的に、細菌は血管内には入り込めないのですが、口腔内のたった一か所入り込めるルートがあります。
それが、歯と歯茎の境目にある溝のような小さなすき間「歯肉溝(しにくこう)」です。

perio_img_251参照 http://goo.gl/3p8MZn

この溝の深さは、健康な歯茎では1~2ミリ程度ですが、傷ついたり炎症を起したりして弱くなると、溝は3ミリ、4ミリと徐々に深くなります。
歯周ポケット」と呼ばれることもありますのでご存じの方もいると思います。

動脈硬化や脳梗塞の原因に!予防は歯磨きとオーラルケア!

歯茎がピンク色に見えるのは、毛細血管の色です。それだけ無数の血管が張り巡らされています。
そして歯周ポケットに菌が増殖して、歯肉液と呼ばれる液体を通して毛細血管の中にばい菌が入り込んでしまいます。

213[1]

そして、血管の中で毒素を出したり、自己増殖して勝手に増えていったりしてしまいます。

この口腔内細菌の悪さが積み重なると、血管で慢性的な炎症が起こり、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、認知症などの原因になってしまうということです。

これを防ぐためには、しっかり歯磨きをすること。そして悪玉菌のエサになる糖質を取りすぎないようにして、口内フローラを整えておくことが大切だということです。
そして何より、体のを守るチカラをもつ乳酸菌でお口の中を善玉菌優位にして上げると一層良いですよね!

特許取得の乳酸菌一兆個!
カラダを守る力を徹底応援

300_250_1

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)

 - 乳酸菌, 乳酸菌ブログ, 免疫力, 善玉菌と悪玉菌, 腸と免疫, 腸内細菌