「 免疫力を高める 」一覧

スポンサーリンク
おススメ夏野菜!トマトの抗酸化作用は「リコピン」効果にあり!

おススメ夏野菜!トマトの抗酸化作用は「リコピン」効果にあり!

夏野菜の中でもおススメはトマトで、健康効果にとても優れています。トマトが赤色はリコピンという色素によるもので、その成分は、野菜の栄養素である「カロテノイド」の一種になります。カロテノイドの中でも、特にリコピンが抗酸化作用が強く、βカロテンの2倍以上・・

今年の夏も注意!疲れや免疫力の低下によるウイルス性の感染症!

今年の夏も注意!疲れや免疫力の低下によるウイルス性の感染症!

夏場は蒸し暑さから食欲不振になったり、お腹を壊したり体調を崩しがちなので注意しましょう。夏に流行るウイルス性感染症といえば食中毒が代表的です。ウイルス性感染症が増える理由は、胃腸が不調になり腸内環境が乱れることが疲れや免疫力の低下につながるからです。

体を細菌やウイルスから守る自然免疫と獲得免疫について違いを知ろう!

体を細菌やウイルスから守る自然免疫と獲得免疫について違いを知ろう!

体に侵入してくる細菌やウイルスを防いだり、体内で発生したがん細胞を排除する自己防衛機能のことを免疫と言います。免疫細胞の中心は「白血球」で、血液やリンパ液に乗って全身を循環し、病原体から体を守ってくれます。 これら免疫反応は「自然免疫」と「獲得免疫」の2つが存在します。

免疫力を低下させる口呼吸を改善!舌と口の運動「あいうべ体操」

免疫力を低下させる口呼吸を改善!舌と口の運動「あいうべ体操」

「あいうべ体操」はみらいクリニック今井先生が提唱される舌と口を意識的に大きく動かすことで口呼吸を鼻呼吸へ改善するトレーニング法です。口呼吸は口内が渇き雑菌が増えることで、口臭の原因だけでなく免疫力を低下させます。鼻呼吸へ変えるだけで口内環境改善にもつながります。

腸内細菌との相性バッチリ!善玉菌を増やすオリゴ糖ってどんな糖分?

腸内細菌との相性バッチリ!善玉菌を増やすオリゴ糖ってどんな糖分?

オリゴ糖は、腸内細菌の中でも乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、腸内の善玉菌を増やします。オリゴ糖の多い食品は、大豆、玉ネギ、バナナ、ゴボウ、ニンニク、はちみつなど。オリゴ糖は、カロリーは砂糖の半分以下ですし、ダイエット向けにもうってつけ・・

体温調節を狂わす熱中症に気を付けよう!熱中症予防とおすすめ対策!

体温調節を狂わす熱中症に気を付けよう!熱中症予防とおすすめ対策!

体温調節を狂わす熱中症!そこで早めの熱中症予防とおすすめ対策をご紹介します!。 熱中症は体内に熱がこもって放出できなくなるのでこマメな水分補給、暑い時間帯は成るべく外出時を避ける、室内ではエアコン・扇風機を上手に活用する、寝る前も工夫をするなどが効果的です!

がん細胞を殺す免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

がん細胞を殺す免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

免疫力アップのキーマン「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」を増やすにはどうしたら良いでしょうか?NK細胞は、血液中に存在する免疫細胞の一種で、全身を巡り「がん」を見つけて攻撃するリンパ球です。がんには強いNK細胞ですが、悲しみや精神的なストレスに弱く・・

暑さに負けない!免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選

暑さに負けない!免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選

今年の夏も猛暑の予測!暑さに負けず体の中からと元気になりですよね。 そこで、ヘルシーワンショッピングが厳選したファイトケミカルの代名詞「免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選」を先取りご紹介! 旬の野菜は栄養価も高く体のバランスを整え免疫力を上げる効果が期待できます!

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時のサインといえば「風邪を引きやすい」「喉がすぐに腫れる」「結膜炎やものもらいがよくできる」「肌荒れ、二キビや吹き出ものが多い」「お腹が弱い」「疲れがとれない」の6つです。原因の一つに腸内環境の乱れで免疫力が弱まることが指摘されています。

免疫が過剰に反応するアレルギー対策には腸内環境の改善が必要!

免疫が過剰に反応するアレルギー対策には腸内環境の改善が必要!

アトピー性皮膚炎などの免疫が過剰に反応するアレルギー症状には、食生活、腸内環境、生活環境、化学物質、環境汚染、電磁波、ストレスなど多くの原因があります。ただ、アレルギー疾患で悩む人は、腸内環境に問題があることが専門家の研究から明らかです。従って、腸内環境の改善が必要になります。

1 2 3 4 5