「 免疫力を高める 」一覧

スポンサーリンク
まさに現代病!睡眠不足は「腸内フローラ」にも悪影響!?

まさに現代病!睡眠不足は「腸内フローラ」にも悪影響!?

睡眠不足は腸内フローラにも悪影響を与えるという研究結果がありました。睡眠不足によって腸内細菌のバランスは変化するというものです。腸内環境のバランスは睡眠不足はもちろん、加齢、体調、ストレスなど様ざまな要因で影響を受けます。腸を守るためにも、適度な睡眠時間を心掛けたいですよね。

唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

腸内環境と口内環境は共通点があります。どちらも多くの細菌が住み、体を守る免疫力に深く関係しています。 口の中の唾液には、侵入した有害物質やウィルスを食い止める免疫機能が備わっている他、消化機能、抗菌力、汚れを落とす自浄力、口の粘膜を乾燥から保護するなど大切な機能が存在します。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

善玉菌の代表である乳酸菌とビフィズス菌の違いは、主に大腸に生息して便秘や下痢など整腸作用があるのがビフィズス菌で、主に小腸に生息して整腸以外にも免疫力を高めたり、アレルギーへの効果があるのが乳酸菌です。いずれも腸内環境を整え、腸内フローラを健康にするため重要な腸内細菌です。

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は効果が無い!?

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は効果が無い!?

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は、延命効果が少ないと政府と国立がん研究センターが発表。事実、抗がん剤を使わない治療は医療費削減にもなります。今後は、副作用で苦しむ患者のQOL改善への役立つ取組が重要になって行きますね。

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

慢性蕁麻疹(じんましん)は、アレルギー疾患の一種です。アレルギー反応は本来無害な物質に免疫力が過剰に反応してしまう自己免疫疾患で、免疫細胞がコントロール不能に陥った状況です。慢性蕁麻疹は、原因不明な場合も多く、疲労、ストレス、ウイルス、薬など様々な理由が考えられます。

今や国民全体のアレルギー病!?花粉症の対策や予防をしよう!

今や国民全体のアレルギー病!?花粉症の対策や予防をしよう!

国民全体のアレルギー病とも言える花粉症。 花粉症予防のポイントは「花粉を少なくする」「花粉の侵入を少なくする」「花粉症の症状を抑える」具体的な対策は、外出時にマスクをする、帰宅時に手洗いうがい洗顔をする、屋内では小まめな掃除など。体の抵抗力である免疫力を高めることも大切。

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

インフルエンザは、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状がが特徴です。また、のどの痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。 さらに、気管支炎、肺炎、小児では中耳炎、熱性痙攣、急性脳症などを併発したり、ご高齢の方や免疫力の低下している方では重症になることがあります。

お口の中は細菌がいっぱい!歯周病がやっかいな理由は!?

お口の中は細菌がいっぱい!歯周病がやっかいな理由は!?

歯周病とは、歯周組織が歯垢に含まれている細菌に感染し、歯肉が腫れたり、出血したり、最後には歯が抜けてしまう病気で、口臭などの原因にもなります。国内の成人の約80%が歯周病と言われています。最近、乳酸菌が腸内だけでなく歯周病や虫歯などの口内細菌にも役立つことがわかってきました。

免疫効果もばっちり!「ビタミンC」優れた5つのパワーとは?

免疫効果もばっちり!「ビタミンC」優れた5つのパワーとは?

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一種で「L-アスコルビン酸」と言います。 美容効果以外にも免疫力を高める働きがあります。ビタミンCのもつ5つの優れたパワーは「抗酸化作用」「コラーゲンの合成」「腸内環境を整える」「体の抵抗力をつける」「ストレス対応に役立つ」などが有名です。

赤ちゃんのお腹に住みつく「腸内細菌」の凄いパワーとは!?

赤ちゃんのお腹に住みつく「腸内細菌」の凄いパワーとは!?

お腹の中の赤ちゃんには腸内細菌は存在しません。産道を出る過程や母乳や授乳を通じ腸内細菌の「善玉菌」が増えいきます。乳児期には、腸内細菌の95%以上が「乳酸菌」や「ビフィズス菌」などの善玉菌で占められます。 赤ちゃんの健康な腸内細菌は、母親からの大事な大プレゼントなのです。

スポンサーリンク