「 免疫力を高める 」一覧

スポンサーリンク
腸内細菌との相性バッチリ!?オリゴ糖ってどんな糖分?

腸内細菌との相性バッチリ!?オリゴ糖ってどんな糖分?

オリゴ糖は、腸内細菌の中でも乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、腸内の善玉菌を増やします。オリゴ糖の多い食品は、大豆、玉ネギ、バナナ、ゴボウ、ニンニク、はちみつなど。オリゴ糖は、カロリーは砂糖の半分以下ですし、ダイエット向けにもうってつけ・・

熱中症に気を付けよう!早めの熱中症予防と対策

熱中症に気を付けよう!早めの熱中症予防と対策

今年の夏も熱中症に気を付けよう!やはり、早めの熱中症予防と対策が必要です。 熱中症は、体内に熱がこもって放出できなくなる状態を言います。通常、汗をかいて体温を下げますが、熱中症になるとこの体温調節の機能がうまく働くなり、熱を体の外へ出せなくなるのです。

暑さに負けない!免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選

暑さに負けない!免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選

今年の夏も猛暑の予測!暑さに負けず体の中からと元気になりですよね。 そこで、ヘルシーワンショッピングが厳選したファイトケミカルの代名詞「免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選」を先取りご紹介! 旬の野菜は栄養価も高く体のバランスを整え免疫力を上げる効果が期待できます!

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時のサインといえば「風邪を引きやすい」「喉がすぐに腫れる」「結膜炎やものもらいがよくできる」「肌荒れ、二キビや吹き出ものが多い」「お腹が弱い」「疲れがとれない」の6つです。原因の一つに腸内環境の乱れで免疫力が弱まることが指摘されています。

免疫が過剰に反応するアレルギー対策には腸内環境の改善が必要!

免疫が過剰に反応するアレルギー対策には腸内環境の改善が必要!

アトピー性皮膚炎などの免疫が過剰に反応するアレルギー症状には、食生活、腸内環境、生活環境、化学物質、環境汚染、電磁波、ストレスなど多くの原因があります。ただ、アレルギー疾患で悩む人は、腸内環境に問題があることが専門家の研究から明らかです。従って、腸内環境の改善が必要になります。

睡眠不足は腸内環境のバランスを乱して腸内フローラにも悪影響が!

睡眠不足は腸内環境のバランスを乱して腸内フローラにも悪影響が!

睡眠不足は腸内フローラにも悪影響を与えるという研究結果がありました。睡眠不足によって腸内細菌のバランスは変化するというものです。腸内環境のバランスは睡眠不足はもちろん、加齢、体調、ストレスなど様ざまな要因で影響を受けます。腸を守るためにも、適度な睡眠時間を心掛けたいですよね。

唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

腸内環境と口内環境は共通点があります。どちらも多くの細菌が住み、体を守る免疫力に深く関係しています。 口の中の唾液には、侵入した有害物質やウィルスを食い止める免疫機能が備わっている他、消化機能、抗菌力、汚れを落とす自浄力、口の粘膜を乾燥から保護するなど大切な機能が存在します。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

善玉菌の代表である乳酸菌とビフィズス菌の違いは、主に大腸に生息して便秘や下痢など整腸作用があるのがビフィズス菌で、主に小腸に生息して整腸以外にも免疫力を高めたり、アレルギーへの効果があるのが乳酸菌です。いずれも腸内環境を整え、腸内フローラを健康にするため重要な腸内細菌です。

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は効果が無い!?

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は効果が無い!?

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は、延命効果が少ないと政府と国立がん研究センターが発表。事実、抗がん剤を使わない治療は医療費削減にもなります。今後は、副作用で苦しむ患者のQOL改善への役立つ取組が重要になって行きますね。

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

慢性蕁麻疹(じんましん)は、アレルギー疾患の一種です。アレルギー反応は本来無害な物質に免疫力が過剰に反応してしまう自己免疫疾患で、免疫細胞がコントロール不能に陥った状況です。慢性蕁麻疹は、原因不明な場合も多く、疲労、ストレス、ウイルス、薬など様々な理由が考えられます。

1 2 3 4