「 腸 健康 」一覧

スポンサーリンク
宿便は本当にあるの?気になる口臭は?便秘や腸の悩みや心配について

宿便は本当にあるの?気になる口臭は?便秘や腸の悩みや心配について

便秘や腸の悩みや心配ごとをお持ちの方が本当に多いと感じます。便が大腸内に滞留し続けることは健康を害する原因になります。そこで「宿便は本当にあるの?」「何日ぐらいでないと便秘?」「便秘と口臭は関係がある?」「便秘と下痢どっちが怖い?」便秘や腸の悩みをご紹介。

性格の良い人、悪い人は「腸内細菌」で決まる!?

性格の良い人、悪い人は「腸内細菌」で決まる!?

遺伝子解析により健康や疾患との関わりなど次々と明るみになっていますが、人の性格と腸内細菌が関係しているという面白い研究結果が話題になりました。 腸内細菌は心と体の健康のために必要不可欠ですが「良い性格」も「悪い性格」も腸内細菌が決めている可能性があるというのです。

「腸の低体温化」~慢性的な冷えが腸の働きと免疫力を弱める

「腸の低体温化」~慢性的な冷えが腸の働きと免疫力を弱める

冷えは「万病のもと」決して侮れません。特に女性は冷えで悩まれている方が多く、体を冷やすことは、腸を冷やすことは「腸の低体温化」に繋がります。慢性的な冷えが続くと血行不良により、腸の働きも免疫力もを弱めますし「肥満」「便秘」「不妊」「肌荒れ」「不眠」などの原因にも・・

腸内細菌との相性バッチリ!善玉菌を増やすオリゴ糖ってどんな糖分?

腸内細菌との相性バッチリ!善玉菌を増やすオリゴ糖ってどんな糖分?

オリゴ糖は、腸内細菌の中でも乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、腸内の善玉菌を増やします。オリゴ糖の多い食品は、大豆、玉ネギ、バナナ、ゴボウ、ニンニク、はちみつなど。オリゴ糖は、カロリーは砂糖の半分以下ですし、ダイエット向けにもうってつけ・・

排便時に出血を見過ごさないで!それって大腸がん?それとも痔なの?

排便時に出血を見過ごさないで!それって大腸がん?それとも痔なの?

日本人女性のがん死亡率第一位である大腸がんは、早期には自覚症状がありません。 ただ、排便の際の出血は見た目に分かりやすいので、大腸がんが気になる方は便の具合をを観察してみるが良いと言えます。痔による出血と大腸がんによる出血の違いは・・

暑さに負けない!免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選

暑さに負けない!免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選

今年の夏も猛暑の予測!暑さに負けず体の中からと元気になりですよね。 そこで、ヘルシーワンショッピングが厳選したファイトケミカルの代名詞「免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選」を先取りご紹介! 旬の野菜は栄養価も高く体のバランスを整え免疫力を上げる効果が期待できます!

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短いという話はウソではありません。腸は最も老化しやすい臓器、つまり寿命が短いことが分かってきました。腸と脳は相関関係にあり、便秘で腸内環境の悪化すれば脳や他の臓器にも悪影響を与えます。 従って、人の寿命には腸の老化予防が何より大切になってきます。

免疫が過剰に反応するアレルギー対策には腸内環境の改善が必要!

免疫が過剰に反応するアレルギー対策には腸内環境の改善が必要!

アトピー性皮膚炎などの免疫が過剰に反応するアレルギー症状には、食生活、腸内環境、生活環境、化学物質、環境汚染、電磁波、ストレスなど多くの原因があります。ただ、アレルギー疾患で悩む人は、腸内環境に問題があることが専門家の研究から明らかです。従って、腸内環境の改善が必要になります。

早食いは肥満のもと!!噛むことと肥満と脳内の満腹中枢との関係

早食いは肥満のもと!!噛むことと肥満と脳内の満腹中枢との関係

早食いは肥満のもとです。理由はなぜかというと噛むことと肥満は密接な関係があります。食べた物が胃で消化されると血糖値が上昇し、中枢神経や脳内に伝わり、お腹が満たされたという指令が出ます。しかし早食いの人は満腹の指令が脳から出る前に必要以上の食べ物を食べ過ぎてしまうのです。

うつを予防する幸せホルモン「セロトニン」と腸内細菌の関係とは!?

うつを予防する幸せホルモン「セロトニン」と腸内細菌の関係とは!?

セロトニンとは脳内の神経伝達物質の一つで、精神の安定や幸福感を生み出す役割を担っており「幸せホルモン」と言われ、実はその90%は腸内に存在しています。ノルアドレナリンやドーパミンの分泌をコントロールしてくれる舵取り役的な存在で、うつ病予防にも深い関係があるのです。

1 2 3 4 5