排便時に出血!!それって大腸がん?それとも痔?

スポンサーリンク

ヘルシーワンショッピング店長の齋藤です!

日本人女性のがんでの死亡率第一位になった大腸がん、早期には自覚症状がありません。
また、がんが発生する腸の部位によってもその症状は違います。

従って、素人の私達が初期の段階で症状に気づくのは難しいかと思いますが、排便の際の出血は見た目に分かりやすいので、大腸がんが気になる方は便の具合を毎日よく観察してみるのが良い言えます。

ただ、出血してトイレットペーパーに血が付いたからと言って全て大腸がんを心配してもキリがありません。
そこで痔による出血と大腸がんによる出血の違い簡単に整理してみましょう。

大腸がんによる出血の特徴

はじめのうちは、ごく少量で気づかない程度で出血があります。
大腸がんの出血は、少しずつ少しずつ出続けるのが特徴です

そして、排便時の観察の際に、便の周りに血がつくようになってきたら要注意です。
いわゆる血便と呼ばれるものです


特に、直腸がんの場合などは肛門に近いので血便が多くなり、粘度の高いネバネバした血便が出ることがあります。

また結腸がんは、出血をしてから排便までに時間がかかるので、血が便とが混ざり便の色が黒っぽくなります
このように出血や血便の状態は大腸でのがん発生場所によって違いがあります。

痔による出血の特徴

痔の場合、便のまわり全体に血がつくこと=血便はありません
また、常にジワジワと出血するようなこともなく、いきみによる排便時に痛みをともなって一気に出血することが多いようです。


出血の色は鮮血のため、真っ赤でボタボタとたれたり、トイレットペーパーに付着したりします。

大腸がんと間違えられやすい3つ痔の種類

一般的に「いぼ痔・切れ痔・痔ろう」の3つを合わせて「痔」と呼びますが、医学的には肛門周辺、または肛門全体の病気をまとめて「痔」と呼ぶそうです。
痔は、大腸がんとまちがえられやすい症状です。

いぼ痔(痔核)

痔核(じかく)つまり「いぼ痔」は、肛門の外側にできるイボ状の外痔核と、内側の粘膜下にできる内痔核があります。

内痔核は、排便のときに痛みもなく出血するため、よく大腸がんの血便と混同されます。


専門家の先生に伺ったところ痔は、性別や年齢にかかわらず生じる病気ですが、男女ともに「いぼ痔」が最も多く、痔全体の半数以上を占めるとのこと。

切れ痔

便秘などによる硬い便によって肛門付近が切れたり裂けたりする状態を言います。
また、下痢によって排便の回数が多い場合にもこの症状がみられるようです。

切れ痔になる原因はいくつか考えられますが、もっとも大きな原因は硬い便を排便する時に肛門の外壁を傷つけること発症するのとのこと。

そして便が硬くなるもっとも大きな原因が「便秘」なので、便秘が切れ痔の最大の原因ということになります。

痔ろう

肛門と直腸の境目である「歯状線」という小さなくぼみ部分から大腸菌などの細菌感染から化膿し「肛門周囲膿瘍」になります。

その後、膿が出て肛門周囲膿瘍が治っても、この膿が排出されたあとに肛門内部と膿が出た箇所にトンネル状の管が残ってしまう状態です。
つまり、直腸から肛門とは別の穴ができてしまう症状が「痔ろう」です。

痔ろう(=あな痔)は、膿の出口となった皮膚の傷口がふさがっても一旦できたトンネルはなくなりらないので、手術をするしか完治させる方法はなく、将来がん化することもあるとのこと。

まとめ

排便時の出血を経験した方も多くいらっしゃると思います。
お尻を強く拭きすぎたり、固い便を出すためいきみ過ぎたり・・・

また、ストレスや不規則な食生活が原因で便秘や下痢となり、それが痔の引き金になることもあると思います。

ただ、便を毎日見るのは敬遠されがちですし、出血に伴う痛みや症状も以外に見過ごされがちです。
しかし、なんとなく心配を抱えたままでいることは何も特になりません。
また、痔だと思っていたのが実は大腸がんであったなどということも有り得ますので、上記のような症状が気になる方は勇気を持って専門医への相談することをお勧め致します。

特許取得の特別な乳酸菌EF2001が1兆個!
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする